【大分を元気にしたい】#玖珠町産もち麦グラノーラを商品化

【大分を元気にしたい】#玖珠町産もち麦グラノーラを商品化
プロジェクトオーナー

有限会社東華

地場産 フード 挑戦する人 教育・福祉 地域活性化 イベント プロダクト

9%

  • 現在
  • ¥56,000
  • 目標金額
  • ¥600,000
  • 購入口数
  • 11口
  • 残り日数
  • 37日
このプロジェクトは、目標金額達成の有無に関わらずリターンをお申込みいただくとプロジェクト成立となります。

プロジェクトニュース最新情報2020/2-27】

●●ーー★★ーー●●ーー★★ーー●●ーー★★ーー●●

 【はじめに】                         

サポーターの皆さまにお願いする事業は、今までなかった「#玖珠町産もち麦グラノーラ」を初製造する特産品開発プロジェクトです。

もち麦は消費者の「必要とされているもの」として関心が集まっています。大分県の産地銘柄登録された「玖珠町産もち麦」を使った「玖珠町産もち麦グラノーラ商品化」に挑戦します。サポーターの皆様よろしくお願いします。


/data/project/590/kusugura-2.jpg/data/project/590/kususanwf.png

もち麦の品種は大分県玖珠町産ホワイトファイバーです。大分県玖珠町産大豆(フクユタカ)を焙煎し製粉した玖珠町産きなこと一緒に焼き上げた大豆と大麦(もち性大麦)のグラノーラです。

/data/project/590/200202-2.pngもち麦グラノーラ玖珠きなこを「引き算のグラノーラ」と説明しています。グラノーラ好きの常連さんは「美味しい食べ方」を見つけていて、個人好みに工夫した食べ方をしてます。

そのため飾らない素朴なグラノーラを求めてます。海外のドライフルーツより、大分県産の旬のフルーツを足し、国産クルミやアーモンドを適量足す。過度な糖分と添加物を嫌います。健康+美容のバランスの取れた「飽きない美味しさ」を求めています。

糖分とカロリーを引き算し、健康と美容を「足し算」と考える大分県産もち麦のグラノーラを楽しみにしてください。

/data/project/590/gura-4-1.jpg今まで販売していた九州産大麦(うるち性大麦)と玖珠町産きな粉で製造していた大麦グラノーラ玖珠きなこです。原材料の九州産大麦を大分県産もち麦にフルモデルチェンジします。
 

【プロジェクトへの想い 】             

大分県西部地域にある玖珠町は、昔から玖珠米と呼ばれる大分県産米ブランドの地域です。寒冷地となる環境から表作=米作だけをする地域が多いです。二毛作となる冬季の農地活用は玖珠町の基幹産業である農業創生の課題でした。
/data/project/590/200208-1.JPG2016年度、地域の課題解決策を考える大分大学COC+推進機構の教育プログラム 「地域ブランディング」の授業を実施した学生から「大麦の商品化による玖珠町の地方創生」を提案されました。

地方創生は地方の新陳代謝を活性化する行為と自分は解釈しています。

代謝も基礎代謝と新陳代謝あります。大分県の高級ブランド米「玖珠米」の活性化は基礎代謝。玖珠町産もち麦は新陳代謝の分野と解釈しています。玖珠町産もち麦と玖珠米の「二毛作」栽培から六次産業となる加工食品開発は、玖珠町の魅力も農産物付加価値もアップする提案でした。

しかし、当初「無理だ大分県で一番寒い冬の玖珠町でもち麦はできない!!」と、もち麦栽培に挑戦する農家も農業法人もいないゼロからの挑戦、その中で栽培してくれた3名の農家さん達と一緒に一般社団法人玖珠レーベルを起業し今期で3年目です。

昨年、玖珠町で栽培した大分県玖珠町産ホワイトファイバー(玖珠町産もち麦)は、大分県の産地品種銘柄登録されました。米穀検査後、大分県玖珠町産もち麦と証明されます。

大分県内外の消費者皆様の食卓に「大分県玖珠町産」と証明できる新しい玖珠町ブランド農産物の流通が始まりました。そして ロングセラーを目指す加工食品開発 となる「玖珠町産もち麦グラノーラ」初製造へ挑戦です。

みなさまの温かい応援・ご支援をお願いいたします。

 【事業者紹介】         

有限会社東華

初めまして、玖珠町産もち麦プロジェクト事業のオーナーの有限会社東華の桑野です、よろしくお願いします。

有限会社東華は一般社団法人玖珠レーベル賛助会員であり、私自身も玖珠レーベル常務理事を担ってます。
 
有限会社東華は玖珠町の「とんかつ専門店」です。
動画がありますので、見てください。

【お問い合わせ先】
有限会社東華 (担当桑野)
大分県玖珠郡玖珠町塚脇621-6
TEL:0973-72-3947