就労者の工賃アップのために、完全手作り・高たんぱく低脂質な「犬用鹿肉ジャーキー」を製造し、広めたい!

「犬用鹿肉ジャーキー」の生産・販売を通じて、就労者の工賃を上げたい!
プロジェクトオーナー

ソーシャル・ライン・ネットワーク大分

地場産 フード 挑戦する人 地域活性化

0%

  • 現在
  • ¥0
  • 目標金額
  • ¥300,000
  • 購入口数
  • 0口
  • 終了日
  • 2022/04/03
  • 残り日数
  • 73日
このプロジェクトは、目標金額達成の有無に関わらずリターンをお申込みいただくとプロジェクト成立となります。

 

▼自己紹介 ~私たちソーシャル・ライン・ネットワーク大分について~

はじめまして!私は九州の大分県にて障がい福祉を応援する団体「ソーシャル・ライン・ネットワーク大分」の代表を務めています橋本麻衣子と申します。
私たちソーシャル・ライン・ネットワーク大分(以下SLN大分)は、大分県を拠点とする障がい者施設(就労継続支援B型事務所・就労継続支援A型事務所)をサポートしていく組織で、企業様と障がい者施設(就労継続支援B型・A型事務所)をつなぐことを目的に設立されました。


 

 

▼プロジェクトの概要

障がい者施設の就労者が製造した「完全手作り・高たんぱく低脂質な犬用鹿肉ジャーキー」を多くの方々に知って頂くこと、また、クラウドファンディングの支援を通じて「就労者の働く場所の提供、就労者の工賃アップ」に繋がればとの思いから、今回クラウドファンディングに挑戦する運びとなりました。
宜しくお願い致します。


 

 


▼参加事業所のご紹介

現在SLN大分に参加している事業所は全部で7事業所です。それぞれの事業所の事業内容等を簡単にご案内させて頂きます。

●株式会社援ジョイワーク大分(大分市)
弊社では障がいを持たれた方々と雇用契約を結ぶA型事業所と職業訓練を目的としたB型事業所の運営を行っています。
A型では、印刷作業を主軸としており、その他の作業として展示車両の洗車業務を行っております。
B型事業所では、どうぶつ愛護センターの役務業務を中心に軽作業を取り入れてハンディをお持ちの方々が日々努力を重ねているところです。


●就労継続型支援B型事業所くおーれ(大分市)
くおーれを運営しております株式会社リアンスペースと申します。
弊社の名称リアンスペースのリアンは【lien(絆)】、作業所の名称:くおーれは【cuore(心)】という意味からとっており、人と人の繋がりを大切にし、心からの親交を深めることが出来るようにとの思いで名付けております。


●就労継続支援所 げんき塾(大分市)
弊法人は以下の5つの理念をもとに活動を行っています。
①個々の能力を存分に活かすための職場作りに邁進してまいります。
②地域の皆様に愛され共に歩んでいける会社作りを実施していきます。
③社員一人一人が社会の一員であることを心から確信できる職場にしていきます。
④今に満足せず、常に新しい事にチャレンジする、精神を持ち続ける。
⑤We will Continue to have hopes and dreamを基本方針に掲げ運営しています。


●就労継続支援B型事業所 五蘊の風(日田市)
今回は、五蘊の風にて鹿肉ジャーキーの生産を担当しております。
弊社の施設は、加工品の業務をしており厨房設備があるので生産担当となりました。
鹿肉の処理をして乾燥しますが、温度・時間を調整して今回の商品が出来上がりました。
商品化までに10ヶ月程度かかりましたが、利用者さんと一緒に研究していく工程がとても良かったです。


●就労継続支援B型事業所 ふれあいステーションひので(日出町)
ふれあいステーションひのでを経営しております社会福祉法人そよかぜと申します。
障がいのある方が仕事を通して社会と触れ合い、自分自身のスキルアップを目指す場所で、多くの方々にご利用いただいております。
提携先から約20種ほどの仕事をいただいており、個々のスキルに合った仕事を行っていただいています。


●就労継続支援B型事業所 リバティ(大分市)
リバティを経営しております株式会社ムーヴメントと申します。
リバティでは女性スタッフを中心にそれぞれの利用者の方に応じた支援でサポートさせていただきます。
主な作業は自動車部品加工や箱詰め、箱折り・組み立て作業になります。



●就労継続支援B型事業所 C.workセンター(大分市)
C.workセンターではデータ入力やDM送信作業などのパソコン業務をしております。
また、MOS(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)検定やITパスポートなどの資格取得のサポート、ネットワークなどの学習をサポートし、利用者さんの就労に繋げます。




 


▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

今回コロナ禍の中で多くの障がい者施設の仕事がなくなる事態となっております。なぜなら大半の施設は、企業関係からご依頼される作業が減っているからです。

そんな中、障がい者施設のメンバーが集まり話し合いを積み重ね、チームとなり何か生産し販売できる物はないかと思い議論をしてきました。
議論を重ねるなかで、ある施設長さんが「ペットの健康な食べ物を作ってみては!」すると「鹿を駆除しているがその肉を生かし鹿ジャ-キ-を作ってみては!高たんぱく低脂肪でペットにはとても良いものでは?」と始まり、早速鹿肉を知り合いに頼み作る事にしました。

10ヵ月かかり、幾たびの苦労を乗り越えながら、ようやく商品化までたどり着くことが出来ました。


 

 


▼犬用鹿肉ジャーキーについて

大分県日田市の山で育った鹿の鹿肉を地元猟友会より直接仕入れをし、利用者の方々の手で成形・加工した完全手作りの犬用鹿肉ジャーキーです。
特徴として「高たんぱく低脂質であること」が挙げられます。

また、生産過程は以下の通りです。
①鹿肉を捌き成形する:鹿肉を捌き、均一の大きさとなるよう丁寧に成形していきます。


  

 

②乾燥:成形した鹿肉を、均等に温度が行き渡るよう配慮しながら敷き詰め、40度以上で20時間以上乾燥させる。

/data/project/919/IMG_1372_1.JPG③袋詰め:乾燥した鹿肉の内容量を計測し、袋詰めをする。
/data/project/919/IMG_1373_1.JPG/data/project/919/IMG_1374_1.JPGこの一連の作業は相当な手間と時間がかかりますが、一つ一つの過程において、まごころを込め、丁寧に作業を行っています。




 

▼今後の展望・ビジョン

今後はネット販売用のサイトを作成し、ワンちゃんの健康を考えている大勢の方に販売していきたいと思っております。
そしてソーシャルラインネットワーク大分独自の仕事を増やしていきながら、障がい者の方が働く場所・生きがいを更に創出していきたいと考えています。



 

▼最後に

今回販売する「犬用鹿肉ジャーキー」の売上は必要経費を除いて全て施設に通う障がい者の方へ分配されます。
多くの方々に鹿肉ジャーキーを購入頂くことで、障がいのある方々の仕事が増え、収入アップにも繋がります。
ぜひ皆様のご協力をお願いできれば幸いです。何卒宜しくお願い致します。




 

▼問い合わせ先

ソーシャル・ライン・ネットワーク大分事務局  担当:横尾
〒870-0954 大分県大分市下郡中央2丁目4-11 大分建設新聞社ビル2F
TEL:097-585-5399
FAX:097-585-5390
E-mail:
social.line.network.oita@gmail.com
HP:https://sln-oita.studio.site/