花づくりと花育の伝道師、可愛いお花づくりをしている可愛くない親父の物語を出版したい

花づくりと花育の伝道師、可愛いお花づくりをしている可愛くない親父の物語を出版したい
プロジェクトオーナー

NPO法人夢一輪の会

挑戦する人 教育・福祉 地域活性化

10%

  • 現在
  • ¥31,000
  • 目標金額
  • ¥300,000
  • 購入口数
  • 10口
  • 終了日
  • 2023/02/28
  • 残り日数
  • 24日
このプロジェクトは、目標金額達成の有無に関わらずリターンをお申込みいただくとプロジェクト成立となります。

はじめに・著者ご挨拶

この本は私の人生です。生まれて74年、見て聞いてすぐに試してきた人生です。花の知識もなく、50歳で脱サラをして夢を追いかけた、一人の男の生き様です。」

 /data/project/1003/tyosha4.jpg

 著者である野上健次さんは、50歳で脱サラして花農家となり、自身の花のブランドを確立するとともにNPO法人夢一輪の会を設立し花育活動に情熱を注いできました。


プロジェクトオーナーについて

 /data/project/1003/yume2.jpg
 我々NPO法人夢一輪の会は、五感を通して花を感じ、花を通して優しさや思いやりや感動の心といった豊かな心、感性を育む地域づくりを目指し、明るく思いやりのある社会構築に寄与することを目的として花育活動等を行っています。

 当法人が設立された平成23(2011)年から最も力を入れてきたのが「~子供の未来に夢を託す・夢一輪運動~」です。これは、約200種類、5,000本もの花を会場にディスプレイし、小学生に見てもらうものです。そして、その中から自分の好きな花を選んでもらい、その感想文を書いたり、スケッチをしてもらうなど、学校行事の中で活用していただき、自分の心やその花を改めて見つめて貰う取組みです。

 大分市の小学校を中心に取組みをはじめ、今では別府市、由布市、臼杵市、津久見市、豊後大野市まで広がっており、この10年間で延べ2万人近い小学生を対象に活動を行ってきました。
/data/project/1003/20190206_103348+.jpg



このプロジェクトで実現したいこと

 夢一輪運動が拡大しながら継続できているのは、当法人の会長であり花農家でもある野上健次氏の情熱が多くの関係者を動かしてきたからです。
 野上氏は50歳で脱サラして花作りの世界に飛び込みました。花育活動だけでなく本業の農家としても東京や大阪の市場で「野上の切り花」ブランドを確立してきており、近年は多くの講演依頼が舞い込んでいます。
 今回、野上氏の花づくりの考え方や花育活動への思いを物語にまとめました。花業界への恩返しや花育活動の普及のために冊子として出版したいと考えています。


 

著者である野上氏の思い
 花作りを始めてわずか7年で東京や大阪の大市場で野上ブランドと言われるようになりました。
 この本の前半は、いかにして日本中にミニひまわりやミニハボタンの大ブームを作り上げたか。日本中で私一人だけの切花「夢ほたる」(※切花夢ほたる、でネットに出ています)は、いかにして世の中に出すことができたか。物作りの経験を書いています。

 


/data/project/1003/hotaru.jpg



 次に、子供の心に自分だけの花を宿す花育運動を11年前に始めました。「夢一輪運動」の始まりと現在と未来です。子供たちが夢一輪運動に参加したことにより子供の心に与えた、花の力のすごさや、影響の大きさを書いています。大人の目線とは違う 子供の心の声が聞こえてきます。

 今、日本における花の文化や花の産業が年々厳しい状況になってまいりました。
 子供たちも自然や
花とのふれあいが減少しています。

 今の子供は、物は豊富にあり、なんでもすぐに買えますが、なぜか心が満たされてないように見えます。
 自分だけの花やたくさんの花を見ること、ふれることで心のすき間を埋めることが出来ると思います。

 この本を出版すると決めたのは切花2百種類、5千本の花の会場での子供たちの歓声や感動、真剣な眼差し、心の声、それを見た大人の鳥肌の立つほどの驚きを主催者として見て来ました

/data/project/1003/20200204_1037231+.jpg

一人でも多くの人にこの体験を知ってもらうのが私の使命ではないかと思い本を出すことにしました。

 もう一つは本の中に書いていますが、亡き妻との約束です。本を出版すること、講演活動を本格的に始める事、講演活動には二人で行くことでした。妻の思いを持って約束を果たします。


 

~応援メッセージ~

 株式会社 大田花き 代表執行役社長 磯村信夫
「実現する実行するアクティビストとしての野上さんの姿が文中に表れている本で、一気に読ませていただきました。農業に関わる人々、教育に関わる人々に、是非とも読んでいただきたい本だと思います。」

 全国農業協同組合連合会 大分県本部 本部長 藤田明弘
「日頃、よくお聞きする野上さんのお話が一冊の本になりました。『熱い親父』からの「せっかくならもっと頑張ってみようじゃないか」という厳しくも優しいメッセージが聞こえます。」

 大分県華道協会 会長 大塚タカ子
「発想力、着眼力、情報収集に基づく行動力、ネーミングの上手さに感服しました。野上さんの生きざまと人間愛にあふれる花育運動が、この『夢ほたる』にのって花の力とともに大分から日本中に広がることを願っています。」

 元東京大学大学院農学生命科学研究科 助教授 林 浩昭
「50歳で脱サラして、農業でやっていけるものなのか? 花き栽培農家として一から始めて成功し、花育活動による社会変革を成し遂げるまでの著者の半世記。読み終えた後に涙が止まらなかったのはなぜだろうか?」


 

本の構成・目次

Ⅰ 生産者の販売戦略      Ⅱ ノスタルジーに浸る   Ⅲ 花育
 (1)ブランド品の作り方      (1)風景、生活、遊び     (1)花育作り
 (2)私の考えるこれからの生産者                  (2)夢一輪運動とは
 (3)販売は、まず自分を売り込む                  (3)子どもの未来に夢を託す・夢一輪運動
 (4)長男帰る                           (4)家族の絆・夢一輪運動
 (5)大分県花き産業振興協議会                   (5)私の思うボランティア団体作り
 (6)自分を守る                          (6)最後の企画
 (7)新規の農業生産者、増加の方法                 (7)私の思い、花育
 (8)私の思い、これからの農業



資金の使い道

 ご支援いただいた支援金は、出版費用800,000円の一部として使わせていただきます。

 

リターンについて

 今回出版する書籍「夢ほたる」を返礼品としています。応援いただいた皆様には一般販売(4月上旬予定)よりも前に(3月下旬予定)いち早くお手元に届けます。

/data/project/1003/main3-2.jpg
①書籍「夢ほたる」  2,000円
 書籍「夢ほたる」をお届けします


②書籍「夢ほたる」+お礼の手紙  3,000円
 書籍「夢ほたる」とお礼の手紙をお届けします。

③書籍「夢ほたる
」+協力者として記載 10,000円
 書籍「夢ほたる」をお届けするとともに、書籍内に協力者としてお名前を掲載させていただきます。


 

実施スケジュール

1月21日(土)  クラウドファンディング開始
2月28日(火)  クラウドファンディング終了
3月中下旬     製本後、支援者の皆様へ郵送
4月上旬      一般販売開始

 

問い合わせ

名前 NPO法人 夢一輪の会
住所 大分市下郡東1丁目3番-20 402号 
ルミナス下郡
電話 090-4359-0264
E-mail nogami_type_zero@yahoo.co.jp
URL http://yume1rin.org/
   https://www.facebook.com/yume1rin/