杵築から世界へ 花田海翔の挑戦

テニス花田海翔選手
プロジェクトオーナー

Japan West Sports Academy

スポーツ

305%

  • 現在
  • ¥915,000
  • 目標金額
  • ¥300,000
  • 購入口数
  • 51口
  • 終了日
  • 2022/06/12
  • 残り日数
  • 15日
このプロジェクトは、目標金額達成の有無に関わらずリターンをお申込みいただくとプロジェクト成立となります。

ごあいさつ

私たちは大分県杵築市で世界レベルのテニスの指導を行うテニススクール「Japan West Sports Academy」です。
このたび次世代のテニスを担う一人としてひろく期待を寄せられている当スクール生の花田海翔選手を「杵築から世界へ 花田海翔の挑戦」としてKAITO PROJECTを立ち上げ、クラウドファンディングに挑戦します。
花田選手と一緒に世界にチャレンジしていただきたくお願いいたします。皆様方の幅広いサポートをお願いいたします。

みなさまのご支援で開始3日目で100%を達成することができました。
今年の活動費は海外渡航費など200万円が必要で、自己負担するには金額がとても大きいです。
みなさまのご支援が今年一年の活動費の大きな助けとなります。
引き続きご支援をよろしくお願いいたします。



 

/data/project/931/大分合同新聞2021年10月30日本紙掲載 (1).jpg
大分合同新聞2021年10月30日本紙掲載されました。2021年11月に開催されたEDDI HERR 国際ジュニア大会で予選を突破し本戦に出場し、世界への小さな扉を開くことができました。

プロジェクトについて

 将来世界のテニス界での活躍を目指そうと過去3年にわたり杵築市をベースにして活動を続けている現在16歳の花田海翔君。錦織圭選手が育ったフロリダのIMGアカデミーでのトレーニングや海外ジュニア大会でキャリアを積んできました。花田選手は次世代を担う新星として世界で活躍できるテニスプレイヤーとして著名なコーチ達から評価を得、プレイヤー仲間たちから期待を寄せられています。
 世界を目指すことはそう容易なことではありません。
 世界で活躍するための要件として①~④のステップをすべてクリアしなくてはなりません。
①日本テニス協会主催の国内ジュニア大会でトップの戦績を持っていること。花田選手は2017年全国小学生大会で準優勝を収め、その後、九州地域や全国大会で活躍しています。
②ITF/国際テニス連盟・ETA/ヨーロッパテニス連盟・USTA/全米テニス協会それぞれが主催するジュニア大会で上位に進む。特に国際テニス連盟主催の年間15大会にチャレンジしてポイントを得ること。2022年春から海外ジュニアツアーに本格的に参戦します。
③2023年前半までに国際テニス連盟ジュニアランキング100位内のランク入りを目指します。
④プロ大会に参戦できるようATP/男子プロテニスの下部大会への出場権を得る。 
 世界で活躍するのにはこのように厳しいステップを上り続けることが求められます。
花田選手は、2021年11月に開催された世界への登竜門となるアメリカのジュニア国際大会の三大大会の一つである「EDDI HERR International Tennis」 16歳以下で、128名が出場の内8名が本戦ヘのカードを勝ち取るという厳しい予選会を4回勝ち抜き、本戦に単複出場し健闘しました。この実績と勢いに乗ってこれから海外の大会で活躍し、次世代の選手のリーダーになれるよう皆様方のサポートをお願いします。

2021年11月に開催されたEDDI HERR国際大会   

オーナー自己紹介



①自己紹介
坂井 健一 1960年大阪府生まれ。
日本テニス協会よりマスターコーチ称号(リーダーシップある指導者に贈られる称号)を受ける。
大阪学院高校・大学卒業。高校時代に木曜会に参加(木曜会とは大阪の高校生の有望選手を集めたチーム)。
1991年からアジア・オーストラリアのジュニアトーナメントにトラベリングコーチとして活動。ATP(男子プロ団体).WTA(女子プロ団体).ITF(国際テニス連盟)の大会にも活動は及ぶ。


②これまでの取り組み
大学在学中からコーチングを学び、1983年にカリフォルニア州のVic Braden Tennis College(アメリカントップスピンを科学的に説明して近代テニスを激変させた)で学ぶ。その研鑽は10年後の1993年にベルギーナショナルセンターを訪れてコーディネーショントレーニングの実践を学び、翌年には日本テニス協会・コーチャーズカンファレンスで研究成果を発表して国内のトップコーチとしてデビュー。そして、1988年から現在までNICK BOLLETTIERIコーチにテニスを学び続けています。2016年4月に杵築市でも開催したNICK BOLLETTIERI Japan tourを成功に導いたことは記憶に新しく、IMGアカデミーとのより強い連携を進めています。

③2013年から杵築市でアカデミーを開催
30余年にわたるコーチングの成果をもって杵築市で2013年からJapan West Sports Academyを開催。千葉・横浜・大阪・宮崎・福岡・佐賀・広島・岡山・山口・奈良・神戸を含む選手たちが全国からそれぞれのテニス目標を達成しようとクリニックに参加しています。杵築市は全国から見て、気候は暖かくて晴れた日が多いことなど素晴らしい環境に包まれており、強化に必要な「コーチと環境そしてプログラム」、この三拍子を整えているのが杵築市で活動のベースを決意しJapan West Sports Academyを設立しました。これからも多くの素晴らしい選手たちとの出会いを得て共に励むことを楽しみに日々コートで活動を続けていてく思いです。

③プロジェクトへの思い
杵築市でJapan West Sports Academyをスタートさせて今日で10年になりますが、4年前の7月に、中学一年生の花田海翔選手は杵築市でのテニス寮生活を決意しました。花田君は既に2017年には日本テニス協会主催の全国小学生テニス大会で準優勝し、その後、2019年6月に開催されたIMG Academy Discovery Open Tennis14歳以下で優勝しています。この二年間、コロナ禍の影響もあり、大会参加よりも、前出のEDDI HERR大会の本戦出場を目指して努力を重ねその成果を残しました。花田選手の何よりの武器は、サーブとフォアハンドストロークです。そのスピードとパワーは世界で活躍できるレベルにあります。日々世界で活躍する希望を持ち、語学力への努力を続けながら、真摯に取り組む姿は世界のアスリートの育成期に共通して見られるものと確信しています。
 

資金の使い道

日本が島国であるという地理的な条件から、我が国のどのスポーツ選手も海外への渡航費の捻出に苦しんでいます。特にテニスは海外の大会で得たポイントによりジュニアだけでなくプロやシニアまで決定します。
そのために花田選手は2022年4月~12月までの国際大会に転戦する計画を立てています。この転戦には航空運賃・移動費・滞在宿泊費など費用が必要です。次が費用の内容です。
①2022年4月~8月までのITF/USTA主催のアジア・北米のジュニア大会参加のための1クールの渡航費25万円、ヨーロッパ内移動費15万円、滞在費40万円、諸経費20万円の計100万円とし、
②2022年9月~12月までのITF/USTA主催のアメリカで開催されるジュニア大会参加のための渡航費25万円、移動費10万円、滞在費50万円、諸経費15万円の計100万円
①②に加えて、テニス用具費・テニス消耗品費・トレーニング会場使用料・食費等を別途必要とします。
プロとしてステイタスを得るまでには客観的にみて今後数年を要します。これらの費用を自己するには負担が大きく、将来可能性のある花田選手が世界にチャレンジできるには皆様のサポートを頂かなくてはなりません。

プロジェクトのスケジュール

3月~5月 プロジェクト支援募集
6月以降  リターン発送

 

リターンについて

各リターンの内容につきまして詳しくは「リターンについて」の各欄をご確認の上、ご支援をお願いいたします。
①花田選手活動報告メール。一クール約二か月の国内外の大会を終えての報告となります。年間4クール計画のそれぞれの終了後に報告を致します。
日ごろの練習風景や大会記録の報告を適宜に行います。また、試合で訪れた国々の同世代の選手たちの日常についてもSNSを用いて報告します。
②花田選手専用ホームページにサポーター個人名をご本人の許可を得て掲載します。個人名は本申し込みの際の備考欄にご記入ください。
花田選手のホームページ・ブログ上にサポートをいただいた皆様のお名前を掲載することは、厳しい環境にあっても乗り越える勇気をこれまで以上に奮い立たせてくれます。
③花田海翔選手と行くIMGアカデミースポーツツアーへの参加。
花田選手のトレーニングコートは二か所あります。一つは大分県杵築市の住吉浜リゾートパーク、もう一つはフロリダにある錦織圭選手が育ったIMGアカデミーです。IMGアカデミーは年中素晴らしい気候に恵まれ、世界最高峰の施設群とトレーニングプログラムが展開されています。IMGアカデミーには大人のキャンプもあり、スポーツリゾートを味わっていただきたいと思います。花田選手をばじめプロジェクトリーダーがご案内いたします。参加費用は、国内外の渡航費・移動費・参加するキャンプ費用・食費等の滞在費・海外旅行保険・パスポート申請費・米国入国ビザESTA取得費は参加者の自己負担となります。

プロジェクトを成功させ花田選手が活躍することにより次に続く世界を目指すジュニアの輩出につなげるよう活動したいと考えています。
最後までお読みいただきありがとうございます。
活動を盛り上げるため頑張っていきますので、支援をよろしくお願いいたします。

問い合わせ

住所 大分県杵築市守江1165-2 住吉浜リゾートパーク内
電話 活動事務局 097-863-8822
メール office@jwsacademy.info
URL https://www.jwsacademy.info
SNS https://www/facebook.com/jwsacademy